タービンブレードの現物をX線CTスキャンで入り込んだ部分までCAD化。

X線CTスキャン、タービンブレードのCAD化事例

 

タービンブレードの現物を3D-CTスキャンします。

火力タービン、自家発電機タービン、ガスタービン、水力発電用タービン等に使用されるブレード。CTスキャンデータは、ブレードの強度試験、振動試験、タービン効率特性を調べるシミュレーションなどに利用されます。

 

コーンビーム方式 X線CTスキャン

Z方向に段差の無いデータを取得できます。

X線CTスキャンの精度 20μm (0.02)

隠れている部分、アンダー部分、裏側部分もスキャン可能。

製品の全体の形状データをCADで合成し3Dデータを作成します。

 

スキャニングデータからCADモデリング

タービンブレードのスキャンデータを元にCADモデリングします。

タービンブレードのサーフェスモデルの作成。

タービンブレードのソリッドモデルの作成。(パラソリッド系向け)

フィチャーで平面、円弧、フレット等を作成します。

 

 

 

 

タービンブレード

燃料の燃焼などで生成された高温のガスでタービンを回して回転運動エネルギーを得る内燃機関において、燃焼室を通過した高温・高圧・高速のコア流から、回転エネルギーを得るためのブレード。タービンに組み込まれている1枚1枚の羽根。タービンブレードは蒸気のエネルギーを受けることによってエネルギーを回転運動に変えるはたらきをします。