樹脂精密部品の現物をX線CTスキャンを利用して内部形状までCAD化します。

X線CTスキャン、樹脂精密部品のCAD化事例

 

樹脂精密部品 の現物を3D-CTスキャンします。

材質=ポリカーボネート樹脂(PC) 携帯カメラ部品。

材質=ポリアセタール樹脂(POM) 光ピックアップ部品。

材質=ポリグリコール酸樹脂(PGA)プラスチック製注射針。

 

コーンビーム方式 X線CTスキャン

Z方向に段差の無いデータを取得できます。

X線CTスキャンの精度 20μm (0.02)

隠れている部分、アンダー部分、裏側部分もスキャン可能。

製品の全体の形状データをCADで合成し3Dデータを作成します。

 

スキャニングデータからCADモデリング

樹脂精密部品 のスキャンデータを元にCADモデリングします。

樹脂精密部品 のサーフェスモデルの作成。

樹脂精密部品のソリッドモデルの作成。(パラソリッド系向け)

フィチャーで平面、円弧、フレット等を作成します。

 

 

 

 

ポリカーボネート樹脂

伸び、縮みの変形しないプラスチック。アクリル樹脂などと共に有機ガラスとも呼ばれるます。耐衝撃性の高さとプラスチックの中では高い耐熱性を持つことから工業利用が広がりました。航空機・自動車など輸送機器、電気電子・光学・医療機器、防弾ガラスの材料などに広く用いられています。