タービンブレードをスキャンしたデータはCADモデルと比較することができます。他のブレーや同じブレードのミラー化されたデータと比較できます。

タービンブレード の3Dスキャン、CAD化事例

 

タービンブレード の現物を3D-CTスキャンします。

航空力学や重心位置の最適化を考慮して設計されたタービンブレード

タービンブレード の現物から解析用形状データ取得。

3D-CADモデリングでタービンブレード 3D-CADデータ作成。

 

非接触光学式3Dスキャン

光学式3次元スキャンシステム、ATOSで複雑な対象物の詳細形状のスキャン。タービン・ブレードに緻密なフリンジ・パターンを投影し、2台の校正されたステレオ・デジ タル・カメラによりスキャンします。スキャニングエリアにある参照点を正確にスキャンします。スキャンされたブレードの部分の形状は正確に決定されます。スキャン・プロセスはすべての側面が撮られるまで繰り返して行います。

 

スキャニングデータからCADモデリング

タービンブレード のスキャンデータを元にCADモデリングします。

タービンブレード のサーフェスモデルの作成。

タービンブレード のソリッドモデルの作成。(パラソリッド系向け)

フィチャーで平面、円弧、フレット等を作成します。

 

 

 

 

タービンブレード ( turbine blade)

エネルギー蒸気を受けることによって回転運動に変えるはたらきをする。 発電設備、飛行機、船舶を動かしために利用されるタービンに組み込まれている1枚1枚の羽根。水蒸気やガスなどの熱エネルギーを回転エネルギーへと変換させるための最重要部品。ジェットエンジンは噴流の持続的な生成にガスタービン原動機を使われる。