車両品を3Dスキャン|自動車鍛造部品の現物から3DCADデータ作成|3DスキャンとCAD化のデータサービス

車輪部品の3Dスキャン、スキャニングデータからCAD化事例

 

自動車部品の現物形状を3Dスキャンします。

構造解析、汎用解析、分析等の解析用の形状データ作成。

CADの製品モデル用形状データ作成。

検査、評価、インスペクション用、偏差値のカラーマップ作成。

 

鍛造・・・金属の素材を圧力を加えて塑性流動させて成形する。鍛流線が連続組織が緻密になり鋳造に比べて空洞ができにくいため強度に優れた部品がでる。

 

光学式非接触3Dスキャンと接触式3Dスキャン

表面、裏面、側面、機構部の各方面からスキャンします。

アンダー(隠れている部分)及び裏側部分必要に応じてスキャンします。

全体の形状データをCADで合成、モデリングします。

 

 

スキャニングデータからCADモデリング

ソリットモデルを作成します。(パラソリット系向け)

サーフェスモデルを作成します。(サーフェス系 向け)

参考料金 7万~15万円 (形状、サイズ、データ内容により変動します。)

 

 

 

車輪部品

自動車の基本である走る、曲がる、止まるを支える部品。

サスペンション部品。タイヤとボデーの間に組み振動や衝撃を吸収。

軽量化と、衝突安全に寄与する剛性、衝撃吸収性が求められる。

自動車の骨格形成、自動車の走行性能と衝突安全を支える役割を担う。

構造解析を駆使した最適設計を行い安全性など追及が進んでいます。