サイドミラーを3Dスキャン|ミラー外装の現物から3DCADデータ作成|3DスキャンとCAD化のデータサービス

サイドミラーの3Dスキャン、スキャニングデータからCAD化事例

 

自動車部品の見物形状を3Dスキャンします。

電子部品組み込み設計のための形状データの取得。

広角ドレスアップサイドミラー製作用のデータを既製品からのデータ取り。

サイドミラー構造解析、汎用解析、分析等の解析用の形状データ作成。

サイドミラーのCAD製品モデルデータ作成。

サイドミラーの検査、評価、インスペクション用、偏差値のカラーマップ作成。電動ミラには、ミラーの角度調整のモーター、電源を供給しているコネクターの金属フレームなどが狭い空間に収められています。設計等の段階で現物をCAD化することで組み込み部品の干渉を確認することができます。

 

非接触光学式3Dスキャン

各方面からスキャン、表面、裏面、側面、機構部等をスキャンします。

隠れている部分アンダー及び裏側部分必要に応じてスキャンします。

全体の形状データをCADで合成、モデリングします。

 

スキャニングデータからCADモデリング

ソリッドモデルを作成します。(パラソリッド系向け)

サーフェスモデルを作成します。(サーフェス系 向け)

参考料金 5万~12万円 (形状、サイズ、データ内容により変動します。)

 

 

 

サイドミラー

運転者が後方及び後側方を確認するためのミラー

自動車の側面や後方を見るために車体の 両側に装着。

後写鏡のうち、車外前席ドアに装着されるものと法令で定義。

接触して角度がずれを解消されるため電動ミラー広く普及。

ミラー装着したカメラで幅寄せや左折時の巻き込み防止に効果。