インペラ羽根2層式を3Dスキャン|冷凍機のファンの現物から3DCADデータ作成|3DスキャンとCAD化のデータサービス

インペラ羽根(2層)3Dスキャン、スキャニングデータからCAD化事例

 

2層羽根組のインペラの羽根を3Dスキャンします。

インペラは、立体の羽根を持った片吸込型で、安定した性能カーブを持つよう設計されている三次元羽根。産業用遠心圧縮機、送風機 ガスタービン、過給機などに利用します。形状が違う2枚の羽根で構成。

インペラ羽根の検査、評価、インスペクション、偏差値のカラーマップ用データ作成。インペラ羽根のCADの製品モデル用形状データ作成。

 

光学式非接触3Dスキャンと接触式3Dスキャン

表面、裏面、側面、機構部の各方面からスキャンします。

アンダー(隠れている部分)及び裏側部分必要に応じてスキャンします。

2枚の羽根を基本にしてCADモデリングします。

 

スキャニングデータからCADモデリング

ソリッドモデルを作成します。(パラソリッド系向け)

サーフェスモデルを作成します。(サーフェス系 向け)

参考料金 8万~15万円 (形状、サイズ、データ内容により変動します。)

 

 

 

インペラ2層羽根

動翼の羽根が気液流を無理なく流すための2層流用特殊軸流羽根。

高圧蒸気ガスをタービン動翼にノズルから吹き付け回転させます。

2層流用軸流羽根で更に圧力を加え気体に圧力をかける。

液体を遠心型のインペラ羽根でプロセスが必要とする圧力まで上る。

軸流子午面形状で、それから斜流面を形成し、高比速度斜流。