特殊形状ファンの現物を3Dスキャン|各種ファンの現物から3DCADデータ作成|3DスキャンとCAD化のデータサービス

ターボファンの3Dスキャン、スキャニングデータからCAD化事例

 

ターボファン現物の羽根を3Dスキャンします。

タボーファlン、幅の広い羽が後ろ向きについています。静圧が高いファン。

シロッコファン、 幅の狭い羽が多数あり、静圧がターボファンより高く、

 外風の強い場所やダクト排気を行わなければならない場所に使用します。

 シロッコファンのスキャンは分解する必要があります。

 

非接触光学式3Dスキャン

表面、裏面、側面、機構部の各方面からスキャンします。

アンダー(隠れている部分)及び裏側部分必要に応じてスキャンします。

全体の形状データをCADで合成、モデリングします。

 

スキャニングデータからCADモデリング

ソリッドモデルを作成します。(パラソリッド系向け)

サーフェスモデルを作成します。(サーフェス系 向け)

参考料金 5万~15万円 (形状、サイズ、デ-タ内容により変動します。)

 

 

 

 

ターボファン

エンジンの前面に ファンを付けて空気を圧縮,燃焼室へ送るターボジェット。

ボイラーの誘引用や集塵装置用,粉末・微小物の圧送用などに広く使用。

圧縮機駆動用タービンを出た燃焼ガスで,タービンを回転させ軸流圧縮機を駆動。

軸流送風機, 風方向は電動機の軸にそって流れ、 旋回しながら直線的に流れる。

空気を羽根で切る押し出す軸流 式と、スプーン状の遠心式シロッコファンがある。