ファン羽根の現物を3Dスキャン|電機機器の現物から3DCADデータ作成|3DスキャンとCAD化のデータサービス

電気機器ファンの3Dスキャン、スキャニングデータからCAD化事例

 

ファン現物の羽根データを3Dスキャンします。

形状評価、製品構造解析、製品汎用解析、分析等の解析用の形状データを取得

設計用の羽根形状データ、製品モデルデータを取得。

インスペクション、偏差値のカラーマップ。「インスペクションとは」

 

非接触光学式3Dスキャン

製品状態で方法を選択します。再現精度は同一です。(10μ~70μ)

製品各方面からスキャン、表面、裏面、側面、機構部分エリア別にスキャン。

隠れている部分のアンダー部分、裏側部分必要に応じてスキャンします。

製品の全体の形状データをCADで合成し3Dデータを作成します。

 

スキャニングデータからCADモデリング

スキャンデータを元にCADモデリングします。

サーフェスモデルの作成。

ソリッドモデルの作成。(パラソリッド系向け)

フィチャーで平面、円弧、フレット等を作成します。

参考料金 5万~10万円 (形状、サイズ、データ内容により変動します。)

 

 

 

 

ファン

排出・排煙又は室外の空気との入れ替え、 換気ファンにより強制的に行う。

モーターによりプロペラなどを回転させる。

高密度実装された電子機器の発熱を強制空冷し,熱を放散させる。

パソコンなどの電子機器システムの機能を守るファン。