製品を3Dスキャン|現物をCAD化|現物からCADモデリング|

3DスキャンTOP解析用面データ作成

製品の現物をCAD化、解析用面データ作成

 

製品の形状解析用データ作成

1、製品をCADデータ化、再現精度0.05範囲。

2、3Dスキャニングデータから3DCADモデリングします。

3、キャンデータとCADモデリングの融合してCAD編集。

解析は、コンピューター支援によるエンジニアリングです。3次元CADの解析ソフトウェアーにて製品の性能などがコンピュー上で解析されています。製品などを解析するには現物を3Dスキャンしのて3D-CADが必要になります。解析には、製品の変形解析、製品形状の構造的な性能の評価と最適化、構造解析、流体解析、樹脂製品の解析 成形解析、CAE解析、凝固解析、伝熱解析、破面解析、複屈折解析、完成製品と原図との誤差などがあります。

変形解析用
バルブ等の
リバースCADデータ


製品形状用
インペラ等の
リバースCADデータ

構造解析用
ジョイント部品等の
リバースCADデータ

流体解析用
鋳造製品等の
リバースCADデータ

成形解析用
スクリュー等の
リバースCADデータ


CADメッシュ作成

現物そのままの形状データが必要の場合リバースCADデータ

①3Dスキャンデータ
ポイントデータ
点群データ



②ポリゴンデータ
3点の頂点を結んだ
三角メッシュデータ


③オート面の作成
コンピューターで
計算して幾何面作成


④細かい面が
繋がったナーブス面
点群の上に出来る面


⑤スキャンデータに
忠実なサーフェス
形状解析に最適

 

現物から作成したCADモデリングデータが必要の場合リバースCADデータ

①3Dスキャンデータ
ポイントデータ
点群データ



②ポリゴンデータ
3点の頂点を結んだ
三角メッシュデータ


③特徴線抽出
パラメータ化
計算処理作業

④モデリング
サーフエス作成
ソリッド作成


⑤3D-CADデータ
解析・編集・型作成
データベース化等