実物モデルの3Dデジタル化

HOME実物形状

実物形状 ⇒ 3Dスキャン ⇒ 実物をCAD化します。

製品モデルの実物形状からCADデータを作成

アナログからデジタルへ

 

各業界ではアナログからデジタルへ急速に変化を遂げつつあります。モノづくりに於いても3次元のCAD化が進み

 

昔ながらの倣い方式からCAD/CAMでのNC加工が主流になりIT化進む中、モノづくりには手作りのアナログ技術が

 

まだまだ必要です。使いよさを追求する製品の開発には手作りモデルで検討する場合があります。試行錯誤で作成した

 

製品モデルから生産用型製作には、アナログモデルをCADモデルに変える必要があります。  

 

     ■


 アナログからデジタルへのプロセス

 

  ①工業モデルを3Dスキャン モデルの状態によりスキャンシステムを選択 (Solutionix製 RENISHAW製)

 

  ②モデルの正面、側面、底面の各方向から非接触式スキャン又は接触式スキャンでスキン (点群データ収集)

 

  ③各方向からのスキャニングデータの同座標点でつなぎ合わせて3次元形状に合成 (立体形状の元データ編集)

 

  ④スキャニングデータはポイントデータの集合体です、点群の集合体として3次元表示 (IGES形式で出力可能)

 

  ⑤ポイントデータのノイズや余剰点を整理して効率良い点群データに編集 (線状化、間引き)

 

  ⑥ポイントデータからポリゴン面を作成。ポリゴン面データは光造形機、3Dプリンターなどで利用可能 (STL形式)

 

  ⑦ポリゴン面からサーフェスデータ及びソリッドデータの作成。CAD間の互換性を考慮して作成 (CADモデリング)

 

  ⑧完成データの出力形式 サーフェスデータ(IGES) ソリッドデータ( X_T  X_B  STEP)etc7 (3D-CADデータ)

. 

  

      3Dスキャンシステム                                         点群データ収集         CADモデリング