3Dスキャンから3D・CAD化の用語説明

HOME用語集

用語集

3Dスキャン <詳細>

モノづくりの3Dスキャン装置はスタイラスの先端でデータ取得する接触式。カメラやレーザーでスキャンする非接触式があります。

ソリッドスモデル <詳細>

図形を描き、それを押し出して作成したり引き出したりした最初のフィーチャを作成します。

 

サーフェスモデル <詳細>

ワイヤフレームに面を貼り付けて立体の形状を作成するモデリングの手法のことです。

 

ポリゴンモデル <詳細>

ポリゴン(polygon)は三角形の組み合わせで立体の物体を表現する三角形の要素を言います

 

ナーブスモデル <詳細>

ナーブス(NURBS)モデルは、面を関数で表された曲線の組み合わせで表して、どこまで拡大しても滑らかな立体といえる。

 

点 群 <詳細>

3Dスキャンの測定機を用いて実物形状をコンピュータに取り込み測定機から得られたXYZの座標値の列になっている。

 

座 標 <詳細>

点の位置を明確にするために与えられる数の組のことをいいます。

 

シェル <詳細>

シェルは複数の面からなる論理セットです。通常、シェルの中のフェイスはお互いに結びついています。

 

パラメータ <詳細>

電子計算機を機能させてコマンド指令組み合わせの動作条件を与えるための情報をいいます。

 

オペレーティングシステム <詳細>

階層型に設計されたオペレーティングシステムの中核の部分でハードウェアを直接管理操作するなどの最も中心的な機能の部分。

 

1  2  3  4  5    <次のページへ>