製品モデル・工業モデルの現物形状を3Dスキャンし、スキャンデータから3D・CADデータを作成します。

HOME3Dスキャンの概要

3DスキャンからCADデータ作成の詳細

現物モデルを非接触式及び接触式で3Dスキャン

非接触の光学式スキャン

・2台のCGカメラでスキャン

・精度0.04~0.29(パタ-ン投影)
・詳細

X線CTスキャン

・内部形状までスキャンできます。

・精度0.01(10ミクロン)

・詳細

接触式(レニショサイクロン)

・連続移動スキャン(プローグ)

・精度0.02~0.05(繰返精度)

・詳細

3Dデータに元合成

各エリアで採取したデータを合成しCADで3D形状に合成 (同位座標点で合成)

・詳細

3Dスキャンデータから3D・CADデータ作成

点群ポイントデータ 

・座標点(形状により増減)

・ポイントデータ・点の集合体(座標点)

・詳細

ポリゴン面で3D形状作成

・3点を座標点をで結で3Dポリゴン面作成

・造形プリllター光造形、試作で利用可能

・詳細

ナーブスサーフェス面作成 

・ポリゴンの上に四画面を作成

・表面形状評価、解析、設計等で利用

・詳細

製品CADモデリング

・3DCADの製品モデル作成

・サーフェス・ソリッドデータ出力

・詳細

3Dスキャンデータから、製品解析、製品設計、デザイン設計、モックアップモデルができます

製品の構造解析用データ

・CAE解析、汎用構造解析

・メッシュ作成用面データ

・詳細

研究、開発、設計用データ

・新製品の開発を既製品からヒント

・他製品からのヒント

・詳細

デザインの検討用データ

・意匠モデルのデータ化

・承認モデルのデータ化

・詳細

モックアップモデルCAD化

・デザインモデル、承認モデル等CAD化

・型製作用製品のCADモデルを作成

・詳細

 

 

3Dスキャンの精度について


3Dスキャンで多く利用されているカメラによるスキャンは、現物に縞模様のプロジェクタの光を当て、 反射光のフリンジパタンを

 

2台のカメラで読み取るステレオ方式で物体の3D形状をデータ化します。 3Dスキャナの精度は形状の再現性長さだけではなく、

 

ポイントデータの点群のバラつき精度、 繰り返し測定の精度など様々な精度があります。 対象物をスキャニングする行程では、

 

上面・下面や左右の側面など、あらゆる角度でスキャンします。 コンピュータで重なり合う部分の座標値の共通リファレンスポ

 

イントで3D形状に合成します。メーカーで言われるスキャン精度は1ショット時の精度をいわれています。合成の精度とCAD化

 

の精度は、最適なスキャニング方法とソフトウェア特性の理解したオペレーターのノウハウが重要になり ます。弊社は、2000年

 

10月からリバースエンジニアリグの業務を開始しました。ノウハウの蓄積は多く あります。