3Dスキャンのリバースエンジニアリングデータサービス。

HOME現物からのCAD化

3Dスキャン ポリゴン面 サーフェス面 ソリッド

 

3Dスキャンについて

3Dスキャンは接触式と非接触式があります。最近は光学式の非接触式が主流になっています。接触式3Dスキャンは対象物にセンサーが直接触れながらその座標を取っていくため、3Dスキャン精度は高いが、読み込みピッチを細かく設定するほど時間がかかります対象物のサイズにも制限があります。光学式3Dスキャンは2台のカメラとパタ-ン投影方式ででスキャニングスキャニングします。精度は接触式、非接触式共に50μ以内で、弊社で使用している3Dスキャンシステムは現在発売されているスキャニングマシンでは上級クラスの3Dスキャンシステムです。

 

3Dスキャンは写真を撮影する感覚で対象物をスキャンますが、デジタルカメラで写真を撮るようなわけにはいかない面があります。三角測量の原理に基づいて3Dスキャンを行います。1つの対象物の形状データを取り込むには、さまざまな角度から数回撮影します。それらの情報を1つの立体物のデジタルデータにまとめるには対象物に数か所にマーカーを付けおく必要があります。3Dスキャンはそれなりにのノウハウと時間が必要になります。またスキャニングデータからCADデータ作成にも時間が必要になりました。データサービス会社としては、3DスキャンデータからCADモデリング作業がプロとしての腕の見せ所になります。



対象物の現物 3Dスキャン 点群 ⇒ 特徴線抽出 CADモデリング

 

3Dスキャンのデータサービスについて

導入費とオペレーションノウハウとなどを考えれば、3Dスキャン作業は弊社のようなデータサービス会社を利用する方が合理的と言えます。CAD間の互換性は、ご使用のCADソフトウェアーに適したデータを出力いたします。

 

図面がない、3DCADデータもない製品の金型製作には、既製品を3Dスキャンしてデジタル化する事で3DCADモデリングできます。既製品を3DスキャンしてスキャニングデータからCAD製品モデルを作成しそれをを元に金型設計ができます。

.

機密保持について
依頼者不明など不審と思われる3Dスキャンの案件については御辞退しております。日本国内の法人に限らせております、HPなどで会社を確認させて頂いてから案件を進めます。機密保持の契約が必要の場合はお客様の様式に従い締結します。弊社では取引先等は公表しておりません。

 

職人の技とインペラ

インペラとは遠心圧縮機などに使われる捻り形状の翼をいいます。製造方法は鋳造、機械方法などがあります。鋳造はインペラの中子取りから鋳型製作・鋳込み・鋳物完成まで職人の技の結集の技法ですが、失われつつある技術でもあります。最近では職人が作成した鋳物のインペラをCAD化して、5軸制御で機械加工に変わりつつあります。近年インペラは高効率・高性能化が進み,形状の. 複雑化・多様化および高精度化で、職人の技とハイテク技術の融合がモノ作りには必要になります。アナログからデジタル化の移行に3Dスキャンを利用したリバースエンジニアリング技術が貢献できます。

 

インペラの現物 3Dスキャンから点群 ⇒ ポリゴンデータ CADモデリングスキャンデータとの誤差を確認

  前のページへ