3Dスキャンのデータサービス|アナログの現物形状を3Dスキャニング⇒スキャンデータから3D/CADデータを作成します。

HOMEアナログからデジタルへ

製品・工業モデルの実物を3Dスキャンシステムでデジタル化

 

 アナログからデジタルへ

アナログからデジタルへ、さまざまな分野で移行されてきました。

モノづくりにおいても、3D・CAD化が進み、CAD/CAMでのNC加工が主流になりつつあります。

デジタル化が進むなかで、モノづくりには手づくりの技術が必要な場合が多くあります。

使い易さを追求する製品、デザイン重視の製品等にはアナログモデルが必要になります。

 

 アナログの実物形状を3Dスキャンしてデジタル化

対象物により非接触式スキャン、接触式スキャン選択して、スキャニングします。

スキャン精度は、非接触式スキャン、接触式スキャンどちらも精度0.05(50μ)前後になります。

形状に応じて、X方向、Y方向、Z方向、表側、裏側などの各方向からスキャンします。

各方向からのスキャニングデータを、専用のソフトウェアーで3D形状に合成します。

 

 3Dスキャンデータから座標点の点群データへ

スキャニングで取得した点群データのノイズを最小化します。

点群の編集作業で点群データを最適化します。

複数のスキャニングした点群データをソフトウェアーのアルゴリズムで位置合わせします。

3D形状に合成します。欠落部分は再度スキャニングして点群データの3D形状を完成させます。

 

 点群データからポリゴンデータ作成

点群データを三角ポリゴンメッシュに再構成します。

ポリゴンメッシュの編集、スムージング、ポリゴン分割、最適化等を行ないます  

ポリゴンメッシュのデータは、光造形、3Dプリンタ、CAMで利用できます。

ポリゴンメッシュのデータは、一部の解析ソフトウェアーで使用できます。

 

 ポリゴンデータからサーフェスデータ、ソリッドデータ作成

ポリゴンデータからCADモデリングのための、設計特徴形状変数を抽出します。

スキャンデータからCADモデリングのための最適な基準座標系を抽出します。  

一般的なCADシステムと類似機能のソリッドモデリング及びサーフェスモデリング。

スキャンデータと一定の誤差を維持するために、リアルタイム偏差分析しながらのモデリング作業。

 

 CADデータ出力 CAD間の共通フォマット

サーフェスモデル IGES形式

ソリッドモデル   パラソリッド形式(X_B  X_T)  

ソリッドモデル   STEP

ポリゴンデータ   STL

 

 リバースエンジニアリングのデータサービス

日本国内の企業に限定します。

機密保持等の契約が必要の場合、お客様の規定に従って締結いたします。

機密保持等の契約のため、工場内及び作業中の見学は控えております。

取引先、納入先等の情報は公表しておりません。