3Dスキャンデータ、点群、ポリゴン面からサーフェス面を生成||製品の3DスキャンデータからCAD作成

3DスキャンTOPサーフェス面

ナーブスサーフェス作成

オリジナルサーフェス(オートサーフェス)

1、オート面生成の専用ソフトウェア内でコンピュータにて計算します、曲率に沿ったベストのサーフェス面を生成します。

2、形状全体に小さい面の連なったサーフェス面になります。前工程の点群データに欠落部分が存在すると面は張れません。

3、3Dスキャンで採取した、点群のポイント座標点の4点を結ぶ面のため、稜線、特徴線のない連続面の構成です。

4、3Dスキャンで採取した、点群のポイント座標点に忠実のため、解析、形状評価等に適しています。

5、製品モデルのCADモデリングの参照面として利用できます。円弧や直角は存在しない自由曲線の面構成。

オートサーフェスは、細かい面が連続して繋がった面により稜線やエッジがありません。そのため後工程でサーフェスデータの変更・編集ができません。金型製作やモデル製作・データベースの利用には不向きな面データになります。解析や形状評価などに適したデータになります。

3Dスキャンデータポリゴンデータオートのサーフェスデータ4点の座標点を結んだ面円弧やR部分も連続して繋がった面  
 

 

ナーブスサーフェスは

NURBS面開発以前は、船体や航空機自動車などの表面形状の曲面を表現するにはデザイナーの手によってクレイモデルなどで形作られた物理的な模型を用いて形状の設計が行われていました。デジタル化時代に自由曲面を数学的に正確に表現するできるNURBSをエンジニア達によって開発された。現在ではCAD設計やCAM、CAEでの解析などに一般的に用いられて います。コンピュータグラフィックスソフトやアニメーションソフトウェアのCGソフトにNURBSの技術を採用されています。CAD設計にて滑ら面には最適ですが、形状が尖った角のある形状の表現は難しい。

曲線部品に適しています ナーブス面とモデリング面 部妙なカーブした航空部品 幾何形状部品  手作り部品