3Dスキャンの点群から三角メッシュのポリゴン面生成|製品の3DスキャンデータからCAD作成

3DスキャンTOPポリゴンメッシュ

点群からポリゴン面を作成の内容

ポリゴン面の作成

1、 3Dスキャンデータの点群を三角形の頂点でつなぎ、3点で構成されたポリゴン面作成します。

2、ポリゴン面は、三角面のため表面形状は多少の凸凹が出ます。スムージングで調整します。

3、 3Dスキャンデータのポリゴン面は3Dプリンターで利用できます。<出力データ形式STL>

4、 3Dスキャンデータのポリゴン面は光造形機などで利用できます。<出力データ形式STL>

5、3Dスキャンデータのポリゴン面と元CADデータとの形状比較ができます。<カラーマップ>

6、3Dスキャンデータのポリゴン面から加工ツールパス作成が可能です。<STL型式対応しているCAM>

最小点で構成される面(三角面)を「ポリゴン」といいます。ポリゴンは本来曲げることも折ることも出来ません。そのため曲げる、折る、湾曲ような表現をする場合は複数のポリゴンを使用します。曲面などを滑らかに表現するためには、大量なポリゴンが必要とします。3Dのコンピューターグラフィックスにおける立体形状を表現するために使われています。3DゲームなどのCGのモデリングにも用いられています。

座標点の3点を結びポリゴン面ができます。  三角ポリゴン  四角ポリゴン

    

 

ポリゴンメッシュの利用

ポリゴンメッシュは、小さな多角形の集合体で滑らかな曲面を近似的に表現できるため曲面の離散的表現と見なすことができます。ポリゴン面は周囲の複数の稜線で構成され、稜線は始点と終点に位置する2個の頂点で構成しています。計算幾何学分野で3次元物体像の形状を表現する場合に広く取り入れられています。複雑な形を扱えることからも幅広く用いられています。 三角メッシュ面はすべての面が3点の頂点から構成されるため形状表現の手法として、コンピューターグラフィックスのモデリング技術として確立されています。

点群(ポイント)データー ポリゴンデーター 3D面作成 特長線抽出(ワイヤーフレーム) モデリング・サーフェス作成