非接触式光学スキャンデータから3D-CAD作成

3DスキャンTOP光学式スキャン

ATOSシステムで対象物をスキャン

 

使用機器の内容

 

ATOS 非接触光学式3次元デジタイザー
メ-カ GOM     機種名 ATOSCore Pro   ATOS Core80 

スキャン範囲 80㎜~60㎜  連結スキャン、3次元CADで合成します。

測定距離 170mm

点間距離  0.03mm

センサー寸法 206×205×64mm

測定データ処理ソフトウェア RapidfomXOR Rapidfom2006 CopyCAD

スキャンデータのCAD化 3次元CADでサフェスモデル及びソリットモデルを作成します。


ATOS 非接触光学式3次元デジタイザー
メ-カ GOM     機種名 ATOSCore Pro   ATOS Core300   

スキャン範囲 300㎜~230㎜  連結スキャン、3次元CADで合成します。

測定距離 440mm

点間距離  0.12mm

センサー寸法 361×205×64mm

測定データ処理ソフトウェア RapidfomXOR Rapidfom2006 CopyCAD

スキャンデータのCAD化 3次元CADでサフェスモデル及びソリットモデルを作成します。
 

 

 

光学式3Dスキャンの工程

 

ATOSスキャンカメラ  ⇒  ポイントデータ採取  ⇒  点群から3D-CADデータ作成

    

 

現物をスキャン

3Dスキャンは、縦、横、高さを同時測定する装置です。3Dスキャン方法は、縦、横、高さを3Dで表現し、数学的には通常それぞれをX、Y、Zと表現します。光切断方式を採用しスリット状の光で入力対象をスキャンし、その反射光をCCDカメラで受光。三角測距の原理で被写体との距離情報を得て、3Dデータデータ化します。精度が良く、どんなものでも測定できて、即図面化できると思われますが、 3D-CAD化には従来のモデリング作業が必要になります。メーカは、まるで魔法の道具のように 宣伝していますが、残念ながらそのような機械は存在しません。3Dスキャンのデータは見るだけの データになりかねません。CADモデリング作業を経た3Dデータで金型製作等に利用できます。