3Dスキャン|カメラ式とX線CT式|目的に合わせて装置を選択します。

 

3Dスキャンの概要

現物の製品等を各方向からスキャン

形状の点群(ポイント)データ採取

共通座標点に合わせ3Dデータ合成

点群を結び、ポリゴンメッシュ生成
CADモデリング用、特徴線等を抽出
モデリング機能利用してモデリング
サーフェス作成、密封ソリッド作成

提出、IGES・パラソリッド・STEP

3Dスキャンにより形状のデータ化、 見える化します

 

3Dスキャンの活用事例

2番型作成のための3Dデータ作成

デザインクレイモデルCADデータ化

製品の開発期間の短縮、コスト削減

流体シミュレーションにおけるCAD化
各種複合材の3次元形状の歪の測定
製品の技術的問題に対する原因対策
品質管理によるパフォーマンス向上

3次元CAD間比較、断面ベース解析

リバースモデル事例、プレス品、金型、 鋳造品、鍛造品、射出成型、ブロー成型

 

サーフェス&ソリッド

リバースエンジニアリングのCAD面
点と点を結んだサーフエス面で作成
3DCADモデリング機能でモデリング
フィレット、回転コピ-、引出等で作成
自由曲面形状は、ナーブス面で作成
サーフェス面を密封してソリッド変換
サーフェス系CAD出力、IGES形式
ソリッド系CAD出力、X_B、STEP形式

リバースエンジニアリング用途に適した 高再現性データ作成

工業モデルのデジタル化

工業デザインモデルの3Dデータ化
ワーキングモデルのデジタル化
機構的な機能・性能用CADデータ
取付け位置の関係確認用データ
駆動部品の干渉チェック用データ
クレイモデルからのCAD設計
職人の技をデジタル化・数値化
既製品の解析用CADデ-タ

試作モデル、意匠モデル・モックアップ、外観デザインモデル

 

金型の現物から3D-CAD作成

既存の製品から3D-CADデータ
図面やモデルデータがない型製作

製品図面が存在しない金型製作
修正したプレス金型のデータ保存
金型の複製・2番型用保存データ

現品製品しかない復刻の量産型製作

曲線の自由形状が多い美術品型

倣い加工では困難な繊細型製作

プレス金型のデジタイズ、2番型のデジタイズ、鋳型のデジタイズ、既製品のデ

美術工芸のデジタル化

美術工芸のデジタルデータ
美術品や工芸品のレプリカデータ
美術・工芸の3D デジタルデータ
彫刻レリーフ作成用のデータ作成
ブロンズ像作成用のデータ作成
文化財模写,展開用のデータ作成
キャラクタ作成用のデータ作成
フィギュア、仏像、陶器、石膏型等

デジタルアーカイブ

 

 

 光学式3Dスキャン 現物の3Dスキャンから3次元CAD作成します。 

  

 

 光学式3Dスキャン<事例>

 

 

 

 

 

 X線CT式3Dスキャンから内外形状の3次元CAD作成します。 

 

 

 X線CT式3Dスキャン<事例>

 

 

 

 

スキャン・・・詳しく調べる、スキャナの機能を利用して原稿を読み取り、デジタルデータに変換し、コンピュータに保存することなどをスキャンといわれています。スキャナーを用いて印刷物、写真などを光学的に読み取り画像変換するのは2次元のデータです。

2台のカメラで立体的にスキャンすることにより3次元データに変換することが出来ます。物体の現物を3次元データとして、コンピュータに取り込むことができます。物づくりの現場において製品解析や金型造りなどにデータの活用されています。
3Dスキャンとリバースエンジニアリングのデータ作成のデータサービス会社 アポロ株式会社

テスト